読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百合キチ三平

百合漫画の書評やその他百合コンテンツ評、百合クリエイター評など

大人の恋愛はややこしいほど魅力的『不条理なあたし達』

f:id:nanaoku:20170521114332j:plain

 先日、引っ越しに伴って押し入れの奥にある段ボール箱の中に眠っている大量の同人誌(九割以上が百合)を整理していて気付いたのですが、私が最も同人誌を所有している作家は竹宮ジン先生なのです。
 同人と商業を両立させた上で双方の新刊の刊行ペースを考えると、ジン先生の百合に対する創作意欲と執筆ペースは百合漫画界でもトップクラスであることはまず疑いようがありません。学生百合から社会人百合まで幅広く扱い、それでいて高い品質を安定してキープできる才能には畏敬の念すら抱きます。
 先月刊行されたジン先生の新刊単行本『不条理なあたし達』はそんな作者の魅力が十二分に詰まった社会人百合作品です。

 

 仕事をテキパキとこなす優秀かつクールなOLの山中は、ビジネスの場で幾度も顔を突き合わせる商売相手でもある得意先の社長令嬢とベッドを共にしたりするなど、少しクセのあるレズビアン。そんな彼女の職場に新しく入社してきた後輩のゆるふわ系美女・種田から、山中の行きつけのビアンバーへと飲みに誘われたことにより、二人の関係が単なる先輩と後輩の構図から動き出します。
 幾度もベッドを共にしている相手から、事後に男との婚約を聞かされても冷めた対応で済ませる山中、そんな山中に怪しい笑みを携えて近づく種田。二人の成年女性の関係がやがて恋へと発展していくとき、そこにどんな駆け引きが生まれていくのか。

 

 「不条理」とは一般的に「物事の道理が合わないこと」を意味します。人間の複雑な心の内を掘り下げるほど、ドラマは調和や都合というものから切り離されていくものかもしれません。
 大人同士、同性同士、同じ職場の先輩と後輩……互いの見えない腹を探るように進む、ただでさえ一癖も二癖もある二人の関係を掘り下げた本作も、また不条理を掲げ、不条理に踊らされる恋愛模様を記しています。終盤、種田が山中に対して複雑な笑みを含んで口にする「人の気も知らないで…」と口にする場面は、本作の持つ魅力を強く噛みしめることのできるシーンでした。
 
 竹宮ジン先生の作品では時折ビアンバーが登場し、キャラクターの人となりを現したりはもちろん、物語の演出や潤滑油として大きな機能を果たすことがありますが、本作に於いてもキャラクター達の入り組んだ心理や関係性を整える重要な道具立てになっています。
 冷めてはいるけれど乾いてはいない、単純そうでややこしい、そんな関係が記されているからこそ、ラストの展開が持つ一種の爽やかさをより大きなものにしているのかもしれません。
 会人百合の魅力といえば「大人ならではのもどかしさ、ややこしさ」もそのひとつですが、そういった意味では本作はその要素もたっぷりと味わうことができ、噛みごたえのある大人の百合を味わいたい人にはうってつけの一冊でしょう。

 

不条理なあたし達

不条理なあたし達

 

 

 

絶妙なキャラと関係性がヤバい設定を笑いに変える『将来的に死んでくれ』

f:id:nanaoku:20170511213358j:plain

 ロマンス色の強いフィクションには、いわゆる奴隷モノというのか、「人身売買によって成立している関係から恋愛感情が芽生える」といった展開を持つジャンルも珍しくありません。実際にはそんなことが起こりえる可能性は低いからこそフィクションたりえるのですが、まだ売買関係すら成立していない「お金で性的に身体を買いたがる人間と、それを拒み続ける人間」というある種の暴力性を含んだ構図は多くの人に生理的な嫌悪感を示しやすく、その関係性を維持したまま気持ちのいいコメディに昇華するのは恐ろしく難しいものです。

 だとすれば別冊少年マガジンで連載されている長門知大先生の『将来的に死んでくれ』はそれに成功している稀有な例なのですが、それは難しい設定をクリアするための絶妙なキャラクターやその関係性の描写が光っているからだと言えます。

 

『将来的に死んでくれ』は長門知大先生がツイッターやpixivで掲載し話題になっていた百合漫画が商業連載になった作品。クラスメイトの刑部小槇に恋をした15歳の菱川俊は幾度となく小槇にお金を払って性交渉を求めるものの、当然ながら拒絶される日々。それでもめげることなく折に触れて万札をチラつかせては小槇に暴走した愛を貢ぎ続けようとする俊とそれをクールに受け流し続ける小槇の関係を中心にした百合コメディです。

 小槇とのデートでラブホテルの前を通り、あそこで休んでいこうと要求したり、小槇のバイト先の居酒屋でドンペリを注文しようとしたり、やっていること自体は下品なおっさんのそれである俊の行動がそのキャラクターと空回り具合で笑いを誘う本作。

 自分の欲望に忠実な俊の行動は本来なら存在自体を否定されてもおかしくないようなものなのですが、小槇は俊に呆れ尽くしながら彼女の要求を拒みはしつつも(金銭面の見返りを求めない方向で一部の要求を飲みつつも)、俊から遠ざかろうとしたりせずにむしろ友人としての関係を快く維持しようとしています。

 それは俊にとって惚れた弱みと言うか、基本的に二人の力関係は比較的小槇のほうに分があり、俊も下手なりの知略を巡らせては小槇に自分の要求を叶えさせようとするものの、その多くはお金の魔力には決して揺るがない小槇の性分と勘の良さの前に失敗に終わります。だからといって俊は本当に圧倒的な力で小槇をねじ伏せようとはせず譲歩は覚えていますし、小槇のクールさと寛容さに支えられてる部分こそあるものの、一定の領域に踏みとどまれるある種の信頼関係のようなものが二人の間で構築されており、こういった絶妙なキャラクターと関係性の描写が設定の嫌悪感を相殺して、読者に安心感を含んだ笑いと百合の楽しみを提供しているのでしょう。

 この状況から二人の関係性は将来的にはどのように転がるのか。小槇の心が俊に傾くことははたしてあるのか。それともこの暴力的な構図を鮮やかに転化したコメディな関係が続いていくのか。想像が難しいところですが今後の展開に期待です。

 

将来的に死んでくれ(1) (講談社コミックス)

将来的に死んでくれ(1) (講談社コミックス)

 

 

どこを読んでも萌えられる百合の展覧会ーー『百合百景』

 

f:id:nanaoku:20170509215718j:plain

 表現の多様化や同性愛表現の一般化が進みつつある中で「百合には葛藤が必要だ」という言説は昨今古びたものになりつつあるのですが、SNSの定着に伴いありきたりな文脈の存在を超越したパンチ力のある萌え表現がさらなる価値を獲得していく現代において、はちこ先生の『百合百景』はまさに時代が招いた一級のパンチ力を備える作品だと言えます。

 

 

 『百合百景』はpixivやツイッターで高い評判を得る百合絵師、はちこ先生がネット上で発表してきた1~2ページの単発漫画をまとめた作品集です。累計閲覧数1000万超えだという作品の数々は、「好きな人にかわいいって言われたい女の子の百合」や「二の腕とおっぱいの柔らかさが同じか確かめる百合」、「先生を押し倒したいくらいかわいいと思う女の子の百合」など、まさに百合の展覧会と呼べるほどの百発百中萌える百合のオンパレード。

  セーラー服の女子同士(例外あり)による百合シチュエーションにおいて、百合作家界でもトップクラスの幅広い想像力と強いこだわりを持つはちこ先生。その中にいるキャラクターのほとんどは、シチュエーションや相手の行動に戸惑ったりすることはあるものの「女子同士であること」に対する迷いを持つことはあまりなく、それどころか恋愛感情も下心も含め、自分の気持ちにただただ正直なキャラクターのほうが多勢を占めています。それは単行本の帯に書かれた「想い、あふれて。」というコピーが的確に表現しています。

 単発的な表現というものは必要な情報がぐっと詰め込まなければ一方、どういった部分を切り捨てるのかいうのも重要になってくるもの。はちこ先生の生み出すキャラクターが持つ「迷いの無さ」や「ある程度完成された関係」はその描きぶりの潔さ、心地よさ、安心感が伴うことでその理屈抜きの説得力を以って、余分な情報で読み手を何ひとつ惑わせることなく、ただただ気持ちよく萌えさせてくれます。かといって安易だったりすることはなく、それらが作者のとても高いレベルの表現力によって成されていることは言うまでもないでしょう。

 どこから読んでも百合の旨味を感じられる本作。目にもありがたいオールカラーの豪華さも嬉しいところです。

 

百合百景 (MFC)

百合百景 (MFC)