読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百合キチ三平

百合漫画の書評やその他百合コンテンツ評、百合クリエイター評など

近距離×近距離=もどかしい距離。竹宮ジン『恋愛ログ』

f:id:nanaoku:20161029200957j:plain

 

こういう人におすすめ

・近いのに遠い百合を楽しみたい人
・甘さの中の苦酸っぱい百合を楽しみたい人

・アンタ見てるとムラムラする百合を読みたい人

 この距離感が味わい深い2016

 百合作家の中には同人誌活動をしている方が非常に多く、そのためか近年の百合姫コミックスでは、同人誌で発表された作品を集めて収録した単行本が多く刊行されています。商業とはまた違う表現を試せる同人の世界では、各作家の個性が十二分に発揮されているものです。

 百合姫の常連作家・竹宮ジン先生の新刊『恋愛ログ』はそんな先生の近年の同人誌からセレクトされた佳作を集めた短編集。本書もまた、女性同士の恋愛における気持ちの在り様をリアルに描き、どこか残る幼さを引き連れながらも大人の香りを所々にまとわせる、竹宮ジン先生の魅力を楽しめる一冊になっています。

 表紙にもなっている収録作『お隣さん』はコンビニ店員の瑞希が、自宅の隣に住んでいる女性・山口さんが女性と付き合っているところを目撃したことから始まる交流を描いています。同じ食卓を囲んでいるうちに、瑞希は村田さんに惹かれるようになりーー実は同人誌ですでに読んでいる作品なのですが、私的には特に好きな作品だったので今回の収録は嬉しい限り。

 この他、友人に対し抱いている劣情を本人にカミングアウトするところから始まる、タイトルがダイレクトな短編『アンタ見てるとムラムラすんだけど』、パティシエと憧れのケーキ屋で働きたい女の子の出会いを描くchocolat orange』、突然来訪した昔の恋人との一夜を切なく記した君恋し唄』など、エロス、甘さ、哀愁と様々な味わいを楽しむことができます。

 単行本の帯に書かれた「近いけど触れない、私たちのキョリ」というフレーズが指し示すように、本作からはキャラクター同士の「距離」が持つもどかしさ、喜び、切なさを味わうことが出来ます。先述の『お隣さん』は隣同士に暮らし、共に食卓を囲むまでに近付きながら、想いがすれ違う二人の距離を描き、『アンタ見てるとムラムラするんだけど』は自分の/相手の感情をなかなか飲み込めない二人の距離、そして何よりも遠い距離が描かれた『君恋し唄』など、キャラの個性も距離の在り方もそれぞれ異なりながら、近くて遠い二人の姿を巧みに紡ぐ。このあたりの距離感の描写などは先生の確かな技量が光るところ。それらを飲み込んだうえでもう一度表紙を眺めると、その魅力にいま一度気づくことが出来ます。本書のページをめくり終えたあとも、カバー裏を覗けばおいしいおまけが。

 先日、年末にきたる冬コミの当落発表が行われ、多くの百合作家の当選が発表される中、竹宮ジン先生も当選の模様。真冬のビッグサイトでどれだけ多くの魅力的な百合作品が発表されるのか今から楽しみです。ちなみに関係ありませんが私も当選しています。

恋愛ログ (百合姫コミックス)

恋愛ログ (百合姫コミックス)