読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百合キチ三平

百合漫画の書評やその他百合コンテンツ評、百合クリエイター評など

「百合展2017」最遅レポート

 

 先月の3月17日~26日にかけて池袋マルイ7F催事スペースで開催された「百合展2017」の作品展示イベント、私は26日の最終日にお邪魔しました。

 

f:id:nanaoku:20161201115529j:plain
百合展メインビジュアル

 

「百合展」とは全国のヴィレッジヴァンガードにて業界を横断して開催される、百合をテーマにした作品のグッズなどの販売イベントや作品展示イベントなど諸々。

 昨年、池袋マルイで初開催された作品展示の際は、ワンフロアの一部分でひっそりと行われていたこのイベント、2年連続2回目の開催となった今年は前回よりも規模が拡大しており、百合の定着と市場の広がりを感じずにはいられないものとなりました。

 それを如実に示すのが参加クリエイターの増加。去年は前回から引き続きの参加になる「やがて君になる」の仲谷先生を始め、今回からの参入となる「2DK、Gペン、目覚まし時計。」の大沢やよい先生や「ななしのアステリズム」の小林キナ先生など、百合漫画界の第一線を走る漫画家陣が15名、さらに写真家3名を加えた計18名のクリエイター達の魅力的な作品が「百合展」を彩りました。

 

 

 百合厨にはもうお馴染み、新社会人達のマストアイテムに相応しいルー子さんのモバイルバッテリー他、缶バッジやスマホケース、トートバッグにTシャツなど、人気百合漫画達の実用性バッチリなグッズが販売されていました。

 男性の参加者が比較的目立つ中、もちろん女性達の姿もあり。会場には参加クリエイター達の複製原画も多数展示されており、自分の知らなかった作品の魅力も伺い知れ、新たな作品との出会いも生み出しています。私の同行者は伊藤ハチ先生の「月が綺麗ですね」に興味を持ったようです。

 

f:id:nanaoku:20170405223006j:plain
マネキンに着せて飾ってもよしの「柚子森さん」Tシャツ

 

f:id:nanaoku:20170405223710j:plain
「ガレット」作家陣からの描き下ろしイラストも。

 

 

f:id:nanaoku:20170405223857j:plain
百乃モト先生の描き下ろし色紙。

 

 

f:id:nanaoku:20170405224104j:plain
「ふたりべや」の雪子先生はじめ、豪華なスケブの展示。

 

 百合厨はもちろん、百合に詳しくない人もその魅力に触れることができるとても濃厚なイベントでした。また、漫画家達の作品のみならず、写真家の作品も百合の秘める色っぽさや儚さ、情緒を切り取った一枚が多く、こちらも目に優しい作品ばかり。

 希望をあげるとすれば次回からは映像作品を写真のみならず、ドラマや映画、アニメーションなどにも広げてもらい、さらなるジャンルの拡充を目指してもらいたいものです。

 今回は東京のみではなく大阪の梅田ロフトでも開催中。4/9までとなっているので、関西勢の百合厨は笹を食っている場合ではありません。

 先述のように前年と比べて規模を拡大したこのイベント。この勢いでどんどんスケールを広げていき、10年後の「百合展2027」は東京ドームあたりで開催されていることを望んでやみませんね。